読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しえログ

qiita との使い分けに悩んでる

最高のペペロンチーノを求めて

セマンティックセグメンテーションを image matting 問題として解決する手法に関する以下の論文を今週で読み終えられなかったのがちょっと悔しい・・・。

xiaoyongshen.me

やってる事自体は↑のプロジェクトサイトにあるプレゼン資料でなんとなくわかるけど、細かい計算式とその証明がまだ追えきれていないのでまた明日から読み続けよう。 グラフカットの資料も最後まで読み進められてないし、1つ1つ確実に終わらせていきたいけど、サーベイと勉強を繰り返しているとそうもいかないのがもどかしい。

昨日は以前チームが一緒だったデザイナーさんの結婚式。 式場の裏口を入り口と勘違いしてしまい、式前の写真撮影中の新郎新婦に出くわすというかなりバツの悪いことをしてしまい申し訳ありませんでした。 言い訳をさせてもらうと、最寄りの駅から最短ルートで行った場合は絶対にあの裏口に行き着くような道筋だったし、特に裏口感のある佇まいでもなかったので、あそこから入ろうとした輩はこれまでにもいたんじゃないかと思うんすよ。 披露宴でふるまっていただいた料理が中華料理で印象深かった。味もさることながら量自体も多くてココロもカラダ(腹)も満たされました。しっかりとお祝い出来たか不安だけど、お呼びいただきありがとうございました。

昨日から天気が一転して今日はとてもthe春な日だった。いつもジョギングしてる緑道で花見している方々も大勢見かけたし、つい散歩したくなるような陽気だったので俺も思わずあまり行けてないお店に大好物のペペロンチーノを食べに。あの三宿ラ・ボエムはいつも変わらぬちょうどいい味のプレーンなペペロンを出してくれるのがありがたい。正直1人で入るのがためらわれる店ではあるけれど、あのペペロンのためならどんな目で見られてもいいとすら思える。潰れる心配はしてないけど、この先もずっとペペロンをあの味で提供してほしいお店なんだよな。